中国ビジネスを加速する中国語教育/中国ウェブマーケティング

イーチャイナTOP > トピックス > ポータルサイトの割合

ポータルサイトの割合

2009/02/23 15:59

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • はてなブックマークに追加
    • Buzzurlにブックマーク
    • del.icio.usに追加
    • この記事をLivedoorクリップにクリップ!
    • Yahoo!ブックマークへ追加
    • newsing it!
    • この記事をChoix!
    • イザ!ブックマーク

YAHOO!中国のシェアが意外に小さい。

中国の一般消費者を対象としたインターネットに関する意識調査は、意外にもYAHOO!中国が苦戦をしており、10%で4番手という結果でした。

中国のインターネット利用者に最も利用されているポータルサイトは新浪網( SINA )で30%を占めました。次いで多かったのが網易( NETEASE )で26%、捜狐(SOHU)は17%にとどまったものの、この三社、つまり中国三大ポータルサイトで実に全体の7割以上の回答が集中しています。

調査会社:上海新秦信息諮詢有限公司
調査期間:2003年7月10~21日
有効回答数:5,982件

新浪(http://www.sina.com.cn)

新浪は世界中に住む中国人に向けて、前面的にネット上で情報を提供する国際的なウェブサイトです。主力は総合的中国語ウェブサイト-新浪ネット及び中国語ネット関連ソフトウェアで、広範囲にわたり、迅速に情報を提供しています。高効率で便利なネットという手段を活用し、多元化且つ便利な中国語ウェブサイトを作り出しています。世界との交流を気楽に自由に格安にすることができ、世界中の中国人のためのウェブサイトを目標としています。

網易(http://www.163.com)

網易(NASDAQ:NETS)は一歩先を行くインターネット技術会社で、ネットの応用、サービス及び技術の開発において、業界内のリーダーとなっています。中国語検索、大容量個人ホームページ、フリー電子カード地区販売、ネット上での競売を業界内で最初に行いました。

トピックス

MORE