中国ビジネスを加速する中国語教育/中国ウェブマーケティング

イーチャイナTOP > 中国ウェブマーケティング用語 > TAOBAO(淘宝網)

TAOBAO(淘宝網)

2009/02/23 14:10

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • 【イーチャイナ】中国ウェブマーケティング用語--TAOBAO(淘宝網)
    • はてなブックマークに追加
    • Buzzurlにブックマーク
    • del.icio.usに追加
    • この記事をLivedoorクリップにクリップ!
    • Yahoo!ブックマークへ追加
    • newsing it!
    • この記事をChoix!
    • イザ!ブックマーク

淘宝網淘宝網(タオバオ)は、 2003年5月10日馬云氏のB2Bのプラットフォーム阿里巴巴集団(アリババグループ)が投資4.5億元を投資し設立したショッピングのWebサイト。該ウェブサイトに記載は“アジア最大の ショッピング サイト”と主張する。

同社の広報によると、"淘宝(Taobao)"の意味は、 "見つからない宝物がない、売れない宝物ない"とされる。また、"2年という短い期間で、すぐにオンラインショッピング市場を制覇し、中国のオンライン ショッピング市場シェアの約80 %"、中国の市場のショッピングサイト上での基本的な独占を占めている。

2006年12月まで、Taobaoのメンバー3千万以上登録され、2006年取引額が169億元。 2008年第1クオーター取引が188億元を超えたことで、B2C(企業対消費者取引)の試験を開始した。 店を開くのに費用が必要なくて、携帯電話と身元認証だけで十分であるとされている。

淘宝網(タオバオ)は2008年の取扱額が07年比2.3倍の999億6000万元(約1兆3200億円)に達し たと発表した。08年の中国の社会消費品小売総額(小売売上高)の0.9%に相当する。ネット普及を背景に、小売り最大手の国美電器の売上高(1023億 元)に迫る規模に成長した。

淘宝網は中国の電子商取引大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)の傘下企業。登録会員数は08年末で9800万人。中国のネット利用者は08年末で2億9800万人。ネット利用者の約3人に1人が淘宝網を利用している計算となる。

中国ウェブマーケティング用語

MORE